陸前高田市探訪 「甦る記憶」リメイク版

震災前から震災を経て現在までの記録画像を纏めたリメイク版

脇ノ沢駅舎とJR大船渡線ワンマンカー

脇ノ沢駅舎とJR大船渡線ワンマンカー (63)

建物名:脇ノ沢駅舎
路線名:JR東日本大船渡線
ホーム:単線式
場所  :陸前高田市米崎町字脇ノ沢123

高田市内駅舎での有人駅は、小友駅舎(委託)と陸前高田駅舎だけとなり脇ノ沢駅、竹駒駅、陸前矢作駅は、無人駅となっています
In Takata City, the manned stations with staffed station buildings are only Otomo Station (outsourced) and Rikuzentakata Station. Wakinosawa Station, Takekoma Station, and Rikuzen-Yahagi Station have become unstaffed stations. Currently, 

JR駅員が、勤務しているのは陸前高田駅のみとなってしまいました。現在、大船渡線は「ドラゴンレール」として運航しています。
JR station staff are stationed only at Rikuzentakata Station.Currently, the Oofunato Line is operated as the "Dragon Rail."

建物名:脇ノ沢駅舎
路線名:JR東日本大船渡線
ホーム:単線式
場所  :陸前高田市米崎町字脇ノ沢123
撮影年月日:2010年

その当時は脇ノ沢駅も駅員が居て駅長も居たのですが、乗降客の減少から1983年3月に「無人駅」になり、駅舎も在ったのですが、現在はその駅舎も無くなり画像の様な駅舎兼待合室としてのプレハブ風の建物が建っているだけです。
Back then, Wakinosawa Station had station staff and a stationmaster. However, due to a decline in passenger traffic, in March 1983, it became an "unstaffed station," and although there was a station building at the time, it has since disappeared. Currently, there is only a prefabricated building serving as a station and waiting room, as shown in the image.

この路線は昔、蒸気機関車が真っ黒い煙を出して走っていましたが、時代が変わるにつれて、洗濯物が煤で黒くなるなどの問題から、現在のディーゼル機関車に切り替わりました。蒸気機関車が活躍していた時期には、駅舎の横に木炭を積み込む場所があり、貨物の引込み線もあったと地元の方から伺いました。
This railway line used to be operated by steam locomotives emitting thick black smoke as they ran. However, with the changing times, concerns such as laundry getting soiled with soot led to a transition to the current diesel locomotives. During the era when steam locomotives were prominent, I learned from locals that there used to be a loading area for charcoal beside the station building, and there was also a freight siding.

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
Thank you very much for reading until the end.

ChatGPTにて英文生成